【SS】ランス「765プロ?」

戦国ランス

戦国ランス

戦国ランス 店頭用ムービー動画

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 19:45:07.32 :IKFYr0Vd0

ランスPとか大丈夫やろか

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 19:46:27.83 :IKFYr0Vd0

JAPAN 織田城

ランス「アイドル?」

香姫「はい。今JAPANでは、いろんなアイドルたちの話題で持ちきりなんですよ」

ランス「アイドルっていうとあれか、可愛くて人気のある女の子のことか?」

香姫「そうですね。でも、ランス兄さまの考えているのとはちょっと違いますよ」

香姫「アイドルには色んなグループがあって、そのグループに入ってる子たちが歌ったり、踊ったりするんです」

ランス「それの何が面白いのだ」

香姫「それはもう、可愛いかったり、かっこよかったり!」

ランス「イケメンは俺以外死ね!可愛い子とはセッ○スすればいいだろうが!」

香姫「え、え、いや、そうじゃなくて」

3G「コラ!!そういう発言は控えろ!!」

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 19:49:34.90 :IKFYr0Vd0

ランス「うるさいなぁ。で、そのアイドルがどうしたって?」

香姫「はい!実は私も、アイドルにはまってるんですよ!」

ランス「(最初からその話をするつもりだったのか)」

ランス「ほう。で、どんなアイドルなんだ?」

香姫「もちろん、ジュピターですよ!!」ピラッ

ランス「ジュピターライブ?・・・って男かよ!」ビリビリッ

香姫「あー!!やめてください!!」バッ

ランス「ふん、聞いて損したぜ」

香姫「ランス兄さま!ジュピターはほんとにかっこいいんですよ!!」

ランス「知るか!!」

香姫「いいから!!このライブに行ってみましょうよ!!」

ランス「死んでもいやだ!!」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 19:52:33.01 :IKFYr0Vd0

香姫「兄さま・・・」キラキラ・・・

ランス「うっ・・・」

謙信「ランス殿、一緒に行ってあげてはどうか・・・?」

ランス「謙信ちゃん・・・ふ、ふん!まぁ謙信ちゃんに免じて行ってやらんこともない」

香姫「兄さま!!」

ランス「これっきりだぞ!!これっきり!!!!!」

香姫「はい!」

謙信「(そんなに強く否定しなくても)」

ランス「(男が歌って踊るなんて・・・気持ち悪くて気絶してしまうかもしれん・・・)」

・・・・・・・・・・

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 19:56:06.93 :IKFYr0Vd0

ライブ会場

ハーイ、エンジェルチャンタチー!

キョウハタノシンデクレヨナ!!

香姫「キャー!!あまとうー!!」

ランス「(確かにイケメンぞろいだな・・・まぁ俺様には及ばないが)」

ランス「あまとうってどいつだ?」

謙信「うむ、あの真中の赤い髪の男だ」

ランス「あまとうって、変な名前だな」

謙信「うむ、本名は天ヶ瀬冬馬。略してあまとうだ」

ランス「ほう・・・というかよく知ってるな、謙信ちゃん」

謙信「虎子と勝子が大いにハマっていてな。私も覚えてしまったのだ」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:00:23.79 :IKFYr0Vd0

勝子「あんたもいろんな女の子にキャーキャー言われてるじゃない」

ランス「うむ、当然だな」

虎子「(主に悪い意味で)」

謙信「しかし、彼らを見ていると、JAPANは本当に平和になったのだぞ感じさせられる」

ランス「まぁ、ちょっと前までしょっちゅう戦争してた国とは思えんな」

謙信「うむ、彼らこJAPAN安寧の象徴だ」

ランス「おい、そりゃ俺様だろうが」

謙信「ふふ・・・それは違いない」

ランス「うむ」

香姫「キャー!!」

虎勝「キャー!!!」

アリガトー
サンキュー

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:04:13.56 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・・・

香姫「ランス兄さま!!ジュピターはどうでしたか!?」

ランス「非常に退屈だった」

香姫「えー!!」

虎子「なんですって!!」

勝子「あんた最後まで見てたじゃない!」

ランス「ふん、途中から飽きてしまってな」

ランス「隣のファンの子のでかパイを揉み続けていたぞ」

虎勝「サイテー!!」

香姫「だめですよ、ランス兄さま」

ランス「へぇへぇ」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:07:11.22 :IKFYr0Vd0

ランス「ところで香ちゃん、アイドルというのは男だけなのか?」

勝家「そんなことはないぞ!ランス殿!!」

ランス「うおっ!!びびらせんじゃねー!!」

香姫「ふふっ、勝家さんアイドル大好きですものね」

勝家「そりゃあもう!!」

勝家「可愛い少女たちが歌って踊る、そして時々脱ぐ!!」

勝家「最高だ・・・JAPANが平和になってよかった・・・」

ランス「相変わらずの変態だな・・・おい勝家」

勝家「なにかな、ランス殿」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:09:59.17 :IKFYr0Vd0

ランス「おすすめのアイドルはいるか?」

勝家「おっ、さてはランス殿!!」

ランス「違う!!お前と一緒にするな!!」

勝家「そうだな、今一番熱いのは765プロの竜宮小町だ!」

ランス「竜宮小町?」

勝家「うむ、特にその中のメンバーにいる亜美ちゃんが最高にかわいい!!」

ランス「おい香ちゃん、竜宮小町とはなんだ?」

香姫「竜宮小町は、765プロのアイドルグループですよ」

香姫「リーダーが水瀬伊織ちゃんで、今勝家さんが言っていた双海亜美ちゃん、そして三浦あずささんの3人がメンバーです」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:13:00.02 :IKFYr0Vd0

香姫「765プロは小さい事務所なんですけど、竜宮小町だけは比較的有名ですね」

勝家「そうですな。他にも765プロにはアイドルがいるが、結果を残しているのは竜宮小町だけだ」

ランス「ふーん・・・」

勝家「そういえば765プロ、竜宮小町が忙しくなって働き手が足りないとか言っていたな」

ランス「ほう?」

勝家「ここは、いっちょ拙者がプロデュースしてやるかな」

勝家「亜美ちゃんの双子の姉真美ちゃんや、高槻やよいちゃんはどうして売れないのかさっぱりわからない逸材だ!」

ランス「ロリコンはいいとして」

ランス「(アイドル事務所か・・・要するに、可愛い子が大量にいるところだな)」

ランス「(しかも働き手募集とは・・・俺様のハイパー兵器の出番か?)」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:17:16.72 :IKFYr0Vd0

ランス「おい勝家、その765プロとやらの場所を教えろ」

勝家「お、ランス殿さては・・・?」ニヤニヤ

ランス「いいから教えやがれ!」

勝家「おう!拙者が案内してやるぞ!」

ランス「てめーは来なくていい!!」

香姫「(ランス兄さま、765プロで何する気だろう・・・?)」

勝虎「(不安すぎる・・・)」

謙信「(お腹すいた・・・)」

ランス「(むふふ、待っていろよ765プロ!)」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:20:21.49 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・

765プロ

ランス「ここか・・・ん?」

<プロデューサー募集!私たちと一緒にトップアイドルを目指しましょう!>

ランス「うむ、プロデューサーか」

ランス「まぁよくわからんが、俺様に出来ないことはない」

ランス「ではいくぞ、とーっ!」

ガチャ

ランス「がはは!ランス様とーじょー!」バーン

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:23:31.97 :IKFYr0Vd0

小鳥「いらっしゃ・・・えっ・・・?」

春香「な、なに!?」

ランス「おお!!」

千早「え、え?」

真美「ちょっ、ど→いうこと→!?」

雪歩「キャー!!!」

美希「zzz・・・」

ランス「(ガキもいるが、可愛い子だらけではないか!!)」

ランス「(むふふ、全員俺様の女にしてやるぜ・・・)」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:27:08.22 :IKFYr0Vd0

社長「おお、君がランス君か」

ランス「お、誰だ・・・っておっさんかよ。しっし!」

社長「ははは、まぁそう言うな」

小鳥「しゃ、社長・・・?この人は・・・?」

社長「うむ、今日からわが社のプロデューサーを務めてくれるランス君だ」

春香「この人が?」

千早「な、なんだか怖そうな人ですね・・・」

雪歩「・・・」ブクブク

真美「ギャ→!雪ぴょ→ん!!!」

真「雪歩ー!!」

美希「zzz」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:30:08.29 :IKFYr0Vd0

ランス「がはは、俺様のオーラに気絶してしまった女の子もいるようだな」

社長「はは、彼女は少し男性が苦手でね」

ランス「気にするな、俺様は男が嫌いな女の子の心を開く天才だ」

社長「そうかね、期待しているよ・・・では、自己紹介を頼む」

ランス「おう」

ランス「(むふふ、コパンドンに手回ししてもらったおかげで話がぽんぽん進むぜ)」

ランス「よく聞けお前ら!!俺様はスーパーヒーローランス様だ!!」

ランス「今日からお前らを(エロエロに)プロデュースしてやる!!ありがたく思うんだな!!」

春香「な、なーんだ、プロデューサーさんだったんですね!」

春香「今日からよろしくお願いします、ランスさん!」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:33:12.83 :IKFYr0Vd0

ランス「うむ、素直な女の子は好きだぞ、俺様」

ランス「(当然だが俺様のハイパー兵器に反応なし)」

ランス「(しかもこの子たち、可愛さなら一級品だが才能限界は一般人並みだな)」

ランス「(この中で35までいけそうなのは、この春香って子と、あの青髪のちっぱい女)」

ランス「(そして・・・あの金髪だな)」

美希「むー・・・なんなの・・・?」

美希「・・・あー」

千早「美希、やっと起きたわね」

春香「よく寝てられたよね・・・」

美希「もしかして、新しいP?」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:35:46.18 :IKFYr0Vd0

ランス「うむ、君は美希ちゃんか?」

美希「そうだよー。おじさんが美希をキラキラさせてくれるの?」

ランス「おじさんではない!!スーパーヒーローランス様」

美希「ふーん・・・じゃあランス」

ランス「呼び捨てとはなんだ!ランス様と呼べ!!」

美希「えー・・・まぁいいや、適当にがんばってねー、おやすみ・・・zzz」

ランス「急に寝やがった・・・なんだこの金髪・・・」

春香「ははは、美希はこういう子なんですよ」

ランス「そうなのか、春香ちゃん」ガシッ

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:38:17.54 :IKFYr0Vd0

春香「ひゃっ!な、なんですか!?」

ランス「俺様が君たちをトップアイドルにしてやるからな!!」

春香「ランスさん・・・」

春香「(すごい誠実な目・・・この人なら・・・)」

千早「(でもなんだろう・・・そこはかとない不安を感じる・・・)」

ランス「がははー、俺様にできないことはない!!では、早速特訓(レベル上げ)だ!!」

・・・・・・・・・・・・

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:41:18.94 :IKFYr0Vd0

美希「やったー!またランクが上がったのー!!」

春香「やったね、美希ちゃん!!」

千早「えぇ・・・」

ランス「うむ、全て俺様のおかげだな」

春香「はい!ランスさん!!」

ランス「(本当は全てコパンドンやリアの手回しのおかげだがな)」

ランス「(やつらのおかげで目立つ仕事がバンバン入ってきやがる)」

ランス「(残りのやつのプロデュースは全てビスケッタさんに頼んでおいたし、大丈夫だろう)」

ランス「(ついでに金も稼げるし、いいクエストだな)」

ランス「(それに・・・>>35ちゃんのレベルが35だ・・・ぐふふ)」

1、春香 2、千早 3、美希

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:47:17.47 :IKFYr0Vd0

ランス「それに・・・千早ちゃんのレベルが35だ」

ランス「まぁお前らも少しはがんばったな」

ランス「特に・・・千早ちゃん!」

千早「はい」

ランス「君はほんとーっに、よくがんばったなぁ・・・ほんとにもう・・・」

ランス「偉い!」

千早「は、はぁ・・・」

ランス「だからな千早ちゃん、君を特別に俺様の城に招待しよう!」

千早「えっ?」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:49:54.64 :IKFYr0Vd0

美希「えー!いいなー、千早さん」

美希「ねぇランス、美希もランスのお城行ってみたいの!」

ランス「美希ちゃんはまた今度な」

美希「ぶー」

ランス「さて、行こうか千早ちゃん」

千早「い、いやでも・・・」

ランス「そうだ、今日城で行うパーティで千早ちゃんに歌ってもらおう!」

千早「!」

ランス「城のみんなも、千早ちゃんの歌を聞いたら感動するだろうなぁ・・・」

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:51:20.41 :IKFYr0Vd0

千早「そ、そういうことでしたら・・・」テレテレ

ランス「よし、そうと決まれば早速ゴー!」

千早「は、はい!」

春香「千早ちゃんがんばってー!」

千早「ええ、ありがとう春香!」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:54:22.69 :IKFYr0Vd0

ランス城 パーティ会場

千早「~♪」

アオイートリー

香姫「千早ちゃん・・・本当にすごいですね」

ランス「あぁ、なにせ俺様がプロデュースしているんだからな」

ランス「(レッスンはそこらへんのやつに適当にやらせているのだが)」

リア「ふん、まぁまぁ上手いじゃない」

リア「まぁリアのほうが上手いけどね」

マジック「ふん、どーだか」

リア「むっ」カチン

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 20:58:02.73 :IKFYr0Vd0

リア「少なくともあんたよりは上手いわよ!」

マジック「別に歌なんて上手くなくてもいいもの」

リア「最近の女の子は、歌も上手くないとだめなの!ねぇ、ダーリン!」

ランス「あぁ、そうだな。お前らも千早ちゃんを見習え」

マジック「ぐっ・・・ふ、ふん!」

マジック「(今度練習しよう)」

リア「(歌なんて上手くなくてもいいに決まってるのに)」

リア「(まぁリアはほんとに上手いけど)」

千早「~♪」

メザスアルカディーア

ランス「ふむ・・・さてと」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:01:34.41 :IKFYr0Vd0

例の部屋

千早「ここは・・・?」

ビスケッタ「はい、ランス様がいつも特別な女性を招くお部屋です」

千早「特別な女性・・・」

千早「(何か、大切な話でもするつもりかしら・・・)」

ビスケッタ「では、しばしここでお待ちください」

千早「は、はい」

バタン

千早「・・・ふぅ」

千早「(ランスさんって、ほんとに何者なのかしら)」

千早「(いや、それより自分のお城を持っているほどの人がなんでプロデューサーなんて・・・)」

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:04:27.87 :IKFYr0Vd0

ガチャ

ランス「待たせたな!」

千早「っ!?」

千早「・・・なんだ、ランスさんじゃないですか。びっくりさせないでください」

ランス「おう、悪い悪い」

千早「それで・・・私をここに呼んだ本当の理由はなんなんですか?」

ランス「ほう、察しがいいな千早ちゃん。さすがだぞ」

千早「ふふ・・・」

ランス「それはな・・・セッ○スだ!!」

千早「ふ・・・・ん?」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:08:54.87 :IKFYr0Vd0

ランス「ん?聞こえなかったか?今から俺と千早ちゃんはセッ○スするのだ!」

千早「・・・・・・・・・え?」

ランス「まぁいい、すればわかる!」スポポーン

ランス「ではいくぞ!!」ジャキーン

千早「!?」

千早「え、え、え、えっ!?」

ランス「とーっ!!」ピョーン

千早「い、いやー!!」

ランス「がはは、逃がさんぞ千早ちゃん」ダキッ

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:10:25.13 :IKFYr0Vd0

千早「ど、どういうことですか、ランスさん!!?」

ランス「どういうこともなにも、気の知れた男女が2人でいるのだ、することなど1つ!」

ランス「さぁ千早ちゃん、さっさと裸になって」ビリビリ

千早「い、いや!!離して!!」

ランス「がははー、やーだねー」

千早「(うそでしょ・・・まさかこの人、最初からそのつもりでプロデューサーに!?)」

千早「プロデューサー!!こんなことしていいと思ってるんですか!?」

ランス「いいに決まっとる。俺様を誰だと思ってる?」

千早「誰だとって・・・プロデューサー・・・」

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:13:02.02 :IKFYr0Vd0

ランス「いいからさっさと脱げー!」ビリビリ

千早「きゃっ!やめてください!!!」

ランス「やめろと言われて誰がやめるか。千早ちゃんのちっぱいー」モミモミ

千早「くっ・・・離せ・・・この変態!」

ランス「変態だと!?」

ランス「英雄である俺様になんてことを・・・そういう子はこうだー!!」ビリビリー

千早「きゃー!!」

ランス「むふふ、千早ちゃんやはり処女か」

ランス「まぁ千早ちゃん真面目だしな。俺様が抱かなかったら永遠に処女だったかもしれんぞ」

千早「離して!!誰か!!誰か助けて!!」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:15:27.16 :IKFYr0Vd0

ランス「あんまり叫ぶな、喉に悪いぞ、がはは」

千早「ぐっ・・・」

千早「こ、こんなことするからには・・・業界から去る覚悟は出来てるんですか?」

ランス「なんだそれは、脅しのつもりか?」

千早「こんなことして、タダで済むと思ってるんですか!?」

ランス「済むぞ、俺様は偉いからな」

千早「!!」

千早「(お城だけじゃない・・・この人のパーティ、王族まで参加していた・・・)」

千早「(まさか・・・)」

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:17:58.64 :IKFYr0Vd0

千早「・・・脅されているのは、私のほうと言うわけですか・・・!」

ランス「なんのことかなー?俺様脅しなんて卑怯な真似はしないぞ?」

千早「くっ・・・ひきょう者・・・!」

ランス「がはは、そんなことよりもういれてもいいか?」ジャキーン

千早「ひっ・・・」

ランス「もう準備万端って感じだしな、入れちまえ」

千早「やめて・・・やめて!!」

ランス「とりゃー!!」ズブッ・・・

千早「がっ・・・くっ・・・!!!っ!!!!」ブチブチ

千早「(最悪・・・)」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:20:40.34 :IKFYr0Vd0

ランス「安心しろ千早ちゃん、俺様は初めてのことも何回もしてきた」

ランス「すぐに気持ち良くなるぞ」

千早「(・・・こんな男に・・・)」

千早「(・・・うっ・・・うぅ・・・)」グスッ

ランス「ではいくぞー!とーっ!!」パンパン

千早「がっ・・・い、痛い・・・痛い・・・うっ・・・」グチュグチュ

ランス「がははー、気持ちいいぞー」

千早「お願い・・・もうやめ・・・ああっ!」

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:23:19.66 :IKFYr0Vd0

ランス「なんだかんだ言って、どんどん濡れてきてるではないか千早ちゃん」

ランス「このままどんどんいくぞー、とーっ!!」

千早「うっ・・・あっ・・・くっ!!」

千早「(もう・・・終わりね・・・)」

千早「(・・・優・・・)」

ガハハー

・・・・・・・・・・・・・

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:25:48.93 :IKFYr0Vd0

春香「どうしたの、千早ちゃん。最近元気ないね」

千早「・・・そ、そんなことはないわ・・・」

春香「そう?」

千早「(あれから、あの下衆に口止めされて、今も無理やり活動させられている)」

千早「(誰かに言ったら、事務所ごと潰されるのだろう。口に出してはいないけども)」

千早「(その代わりに、私以外のアイドルには絶対に手を出さないように言ってある・・・けど)」

千早「(私は今や、完全にあいつの操り人形になっていた)」

千早「(言われるがままにレッスンして、レベルとやらが上がったらまたあれをするらしい)」

千早「(私は、なんのためにアイドルになったんだろう・・・)」

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:28:33.65 :IKFYr0Vd0

美希「それにしても千早さん、またぐっと歌上手くなったよね!」

千早「そ、そうかしら」

美希「うん!一回ビミョーに下手になっちゃったけど、それからレッスンしたらなんだか下手になる前よりぐっと上手くなってるの」

千早「・・・」

千早「(・・・美希の言っていることは本当だった)」

千早「(あいつに襲われた後、一時期歌唱力がかなり下がってしまった)」

千早「(モルルンとか言ってたけど・・・でも、あれからまたレッスンしたら、今度は前よりずっと早く歌唱力が伸びた)」

千早「(そして、明らかに以前よりいい唄声がだせるようになっている)」

千早「(おかげで、仕事も前より増えた・・・私の望む仕事が)」

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:32:11.23 :IKFYr0Vd0

美希「ホントに千早さんはすごい、って思うな、ミキ!」

千早「えぇ・・・ありがとう」

千早「・・・」

ガチャ

ランス「よー、みんなー!」

美希「あ、ランス!」

春香「ランスさん、千早さんまた歌唱力が上がってるんですよ!」

美希「春香、ホントにわかってるの?」

春香「も、もちろんだよ!」アセアセ

美希「ふーん・・・」

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:35:52.25 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・

そのころ、961プロ

黒井「最近、765プロが調子に乗っているようだが」

秘書「はい」

黒井「はい・・・ではないわ!!」

秘書「・・・」

黒井「おい、手回しをしているはずじゃないのか!!」

黒井「765プロには、なるべく仕事がいかないようにしてあるはずだが!?」

秘書「それが、その全てが上手く潰されています」

秘書「おそらく、新しいPの力でしょう」

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:37:13.31 :IKFYr0Vd0

黒井「ぐぬぬ・・・」

prr・・・

黒井「ウイ、私だ」

記者「記者です。黒井社長、最近765プロが調子をあげていますね」

黒井「そうだな、真に許せないことだ」

記者「なかでもランクAアイドル如月千早の成長には、目を見張るものがあります」

黒井「・・・貴様、私を怒らせるために電話したのかね?」

記者「いえいえ、そうではありません・・・実は・・・」ゴニョゴニョ

黒井「・・・ほう」ニヤリ

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:39:45.77 :IKFYr0Vd0

・・・

黒井「では、頼んだぞ」

記者「はい・・・」

ガチャリ

黒井「ふふ・・・これで終わりだ、如月千早・・・!」

・・・・・・・・・・・・・

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:42:05.74 :IKFYr0Vd0

765プロ

ガチャ

ランス「おい!!これはどういうことだ!!」

社長「ああ、ランスくんか・・・」

千早「・・・・・・・・・」

ランス「おいおっさん!!こんなクソみたいな記事を書きやがったのは誰だ!!?」

<如月千早の呪われた過去!!>

<奇跡の歌声は、弟の犠牲の上に・・・!!>

社長「・・・正しいことはわからん」

社長「だが・・・961プロ」

ランス「961プロ?」

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:43:46.10 :IKFYr0Vd0

社長「あぁ・・・なぜだがその事務所は、ウチの事務所を目の敵にしていてね」

社長「今回の記事も、もしかしたらヤツの手回しかもしれん・・・が」

ランス「が、なんだ!?」

社長「・・・この記事に書いてあることは、全てが嘘ではない」

社長「むしろ・・・比較的本当のことが多いかもしれん・・・まぁ、もちろん酷い脚色がしてはあるがね」

ランス「本当なのか、千早ちゃん!?」

千早「・・・はい」

千早「・・・本当です」

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:45:30.27 :IKFYr0Vd0

ランス「むむっ・・・こんな記事、気にすることはないぞ!」

ランス「千早ちゃんみたいに可愛くて歌が上手ければ、どんな過去も関係ない!」

千早「・・・もう、歌を歌うことはありません」

ランス「えっ?」

千早「もう・・・アイドルをやめます」

ランス「なんだと・・・!?」

社長「・・・声が、出ないんだ」

ランス「!?」

社長「彼女、この記事が出回って以来、歌うときに声が出なくなってしまったようだ・・・」

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:48:09.38 :IKFYr0Vd0

ランス「・・・」

千早「・・・」

ランス「・・・ダメだ!」

社長「おいランスくn」

ランス「うるせぇ!!」ドガッ

社長「ぎゃっ!!」

小鳥「社長!!」ピヨーッ

ランス「おい千早ちゃん、ついてこい!!」

千早「・・・」

ガチャ

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:50:28.45 :IKFYr0Vd0

ランス城 H部屋

ランス「とりゃー!」

千早「・・・」ボスッ

ランス「千早ちゃん、こういうときはセッ○スするに限るのだ!」

ランス「セッ○スとは、全ての元気の源!」

千早「・・・」

ランス「さーて、今日はどんな風に・・・」

千早「・・・」

ランス「可愛がって・・・」

千早「・・・」

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:54:39.48 :IKFYr0Vd0

ランス「(・・・目が死んでる)」

ランス「おい!!俺様がセッ○スしてやろうと言っているんだぞ!!もっと楽しそうにしないか!!」

千早「・・・私・・・」

ランス「ん?」

千早「私に・・・歌を歌う資格はないんです・・・」

ランス「どうしてだ!?可愛い子にはあらゆることが許されているというのに」

千早「・・・あなたに初めて抱かれたとき、本当にアイドルをやめようと思いました」

ランス「いやいや、全然やめる気配なかったじゃないか」

千早「はい・・・初めは本当に嫌だったんです・・・けど・・・・」

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:56:16.75 :IKFYr0Vd0

千早「あなたに抱かれるたび、私の歌唱力は、どんどん底上げされているようでした」

千早「初めは信じられなかったけど、何回かセッ○スするうちに確信に変わっていきました」

千早「私は、この人とセッ○スするたびに、もっといい声を出せる・・・」

千早「そうわかってから、私はあなたに抱かれることに抵抗を覚えなくなりました」

千早「むしろ・・・あなたの力を利用して、より高いレベルにたどりつこうとしていたんです」

千早「こんな・・・インチキみたいな方法で・・・」

ランス「インチキではない!!」

ランス「セッ○スする、俺様気持ちいい、千早ちゃん気持ちいい、そして歌が上手くなる!!」

ランス「どこにインチキがあるのだ!」

100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 21:58:12.80 :IKFYr0Vd0

千早「私は・・・歌手としてのプライドを・・・いつの間にか捨ててしまっていたんです・・・」

千早「あの記事は、そんな最低な私への、罰です」

千早「私には・・・歌手を続ける資格なんてない・・・」

千早「私には・・・」

ランス「おい、千早ちゃん!!」

千早「・・・優・・・うぅぅぅぅぅぅっ!」グスッ

ポタポタ・・・

ランス「・・・」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:00:19.07 :IKFYr0Vd0

ランス「・・・なんだ、ではもう用なしだな」

千早「・・・そうですね」

ランス「あぁ、もうレベルを上げるつもりが無いなら、お前みたいな根暗女に用はない」

千早「・・・」グスッ

ランス「ただ、最後に一発ヤらせてもらうぞ」

ランス「今まではまだ優しくしてやっていたが、今日はもう知らん」

ランス「思い切り乱暴にしてやる」

千早「・・・どうぞ、お好きなように」

千早「私なんて、あなたの性奴隷として一生を終えるのがお似合いです」

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:02:22.22 :IKFYr0Vd0

千早「・・・」グスッ

ランス「・・・と、思ったが」

千早「?」

ランス「今のお前なんぞ、ただのちっぱい女だな」

ランス「それに、どうやらレベルも足りていないようだ」

千早「・・・レッスンをやめましたから」

ランス「・・・レベルが上がるまで、絶対にこの部屋を出るな」

ランス「出たら殺す」

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:03:13.18 :IKFYr0Vd0

千早「・・・はい」

ランス「・・・ふん」

ガチャ

千早「・・・ふふふ・・・」

千早「あははははははははは・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:05:14.37 :IKFYr0Vd0

ランス「がーっ!!!なんなのだあいつは!!!」

ランス「俺様が!!せっかく元気づけセッ○スをしてやろうというのに!!!」

ランス「腹立つーーーーーー!!!」

キース「うるせぇなてめぇは」

キース「仕事しねえならさっさと失せな」

ランス「黙れこのハゲ!!!」

ランス「がー!!本当にむしゃくしゃする!!!」

ランス「おいハゲ!!セッ○スできるクエストを紹介しないか!!!」

107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:07:34.11 :IKFYr0Vd0

キース「うるせぇなぁ・・・ストレスでハゲちまうよ」

ランス「ぐっ・・・この野郎・・・」

キース「えーと・・・」ペラペラ

ランス「・・・ん?」

ランス「おい、そのクエスト見せてみろ」

キース「あ?どのクエストだ」

ランス「ええい、貸せ!」ペラペラ

ランス「・・・」

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:09:08.41 :IKFYr0Vd0

<マジックアイテムの回収>

ランス「・・・」

キース「おい、そりゃかなりレベルの高いクエストだぜ」

キース「それに、高レベル女なんて絡んでいないと思うがな・・・」

ランス「・・・ふん」

ランス「最近、金が無くて困っていたところだ」

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:11:18.02 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・・・

千早「・・・」

ガチャ

ランス「おい、レベルは上がったか」

千早「・・・いえ」

ランス「ふん、使えん女だ」

千早「・・・ごめんなさい」

ランス「・・・」ポイッ

千早「・・・?」

千早「・・・これは?」

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:13:22.39 :IKFYr0Vd0

ランス「・・・喉薬だ」

ランス「落ちてたから、拾ってきた」

千早「・・・」

ランス「飲め」

千早「・・・本当に、タダの喉薬ですか?」

ランス「知らん。拾ってきただけだからな」

千早「・・・飲めません」

ランス「ええい、めんどくさい女だな!!」ガバッ

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:15:21.10 :IKFYr0Vd0

千早「ちょ、ちょっと!!」

ランス「いいから飲め!」

千早「うっ・・・」ゴクゴク

千早「・・・!!」

千早「(喉が・・・すごく熱い・・・それに・・・)」

千早「(・・・今なら・・・これまでにないほど・・・)」

ランス「・・・いいか、千早」

千早「・・・」

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:17:35.55 :IKFYr0Vd0

ランス「歌を歌うのに、そもそも権利などいらん」

ランス「そして権利が必要だとしても、千早にはその権利がある」

ランス「なぜだかわかるか?」

千早「・・・」

ランス「それはな、お前が俺様の女だからだ」

千早「・・・」

ランス「俺様にできないことがないように、俺様の女にもできないことはない」

ランス「できないことがあっても、全部俺様ができるようにしてやる」

ランス「俺様は英雄だからな。自分の女には不自由させんのだ」

ランス「がはは」

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:24:22.04 :IKFYr0Vd0

千早「・・・」

ランス「それにな、歌うなんて、俺様でも出来るぞ!!!」

ランス「~♪」

キミマーデトードキターイ

千早「・・・ふふっ・・・ひどい声」

ランス「なんだと!!」

ガチャ

リセット「おとーさん!なんでおうた歌ってるの!?」

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:27:26.81 :IKFYr0Vd0

リセット「あー!!如月千早ちゃん!!」

千早「!」

千早「私を知っているの?」

リセット「うん!だっていつもおとーさんが話してるもん!」

リセット「ライブだって何回も行ったんだから!」

ランス「お前が無理やりついてくるんだろうが!!」

リセット「ねぇおとーさん、なんでおうた歌ってたの?なんで千早ちゃんがここにいるの?」

ランス「そんなもん、歌いたいからに決まっとる。そして千早は俺様の女だ」

125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:29:35.60 :IKFYr0Vd0

千早「・・・」

ランス「もっと聞かせてやるぞ」

ランス「~♪」

リセット「えー、へたくそー!!」

ランス「なんだと!!」

リセット「私のほうが上手く歌えるよ!」

リセット「~♪」

キミマーデトードキターイ

127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:31:18.18 :IKFYr0Vd0

リセット「~♪」

リセット「・・・ねぇ!どう!?」

千早「えっ?」

リセット「私の歌、おとーさんより上手でしょ!!?」

千早「・・・えぇ、とっても上手ね」

リセット「えへへー」

ランス「ふん」

千早「・・・」

リセット「ねぇ、一緒に歌おう!」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:34:31.75 :IKFYr0Vd0

千早「・・・いいわ、私は」

リセット「えー!おーねーがーいー!!」ギュッ

千早「・・・!」

千早「・・・一曲だけね」

リセット「やったー!!」

ランス「・・・」

千早「何を歌う?」

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:46:15.57 :IKFYr0Vd0

リセット「うーんと・・・んーと・・・」

リセット「ねむりひめ!」

千早「・・・うん、いいわよ」

千早「その歌、私得意なの」

千早「(それに・・・この子に手を握られた瞬間)」

千早「(なんだか・・・すごく・・・温かい・・・)」

千早「(まるで・・・)」

千早「・・・すぅ・・・」

138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:50:10.75 :IKFYr0Vd0

千早「・・・眠り姫、目覚める私は、今~♪」

リセット「だーれのたーすけもかーりずー♪」

~♪

・・・

香姫「・・・この声・・・」

謙信「誰かが歌を歌っているようです・・・」

香姫「すごく遠くから聞こえてるみたい・・・でも」

謙信「はい・・・とても、心が温まる歌声です」

香姫「~♪」

「たったひーとりでも♪」

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:54:27.45 :IKFYr0Vd0

・・・

マジック「何かしら、この声」

リア「知らない曲ね・・・でも」

マジック「うん・・・すごく、心に響くわ」

リア「ホントにわかってるの?」

マジック「わかってるわよ!!」

リア「ふーん・・・」

「明日へ~♪」

「歩き出すために~♪」

・・・・・・・・・・

144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 22:58:15.76 :IKFYr0Vd0

「朝の光がまぶしくて、涙あふれても~♪」

千早「瞳を、あげたままで~♪」

リセット「~♪」

千早「~♪」

~~~♪

ランス「・・・うむ、グッドだ」

ランス「さて」

・・・・・・・・・・・・・・

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:02:17.33 :IKFYr0Vd0

黒井「ふふふ、首尾よくいったようだな」

黒井「これで如月千早のアイドル生命は終わり・・・ふふふ・・・」

バターン!!

黒井「!?」

黒井「誰だ!?」

ランス「スーパーヒーローランス様だ!!!」

黒井「き、貴様、どうやってここまで来たというのだ!!」

黒井「ここには私の許可した者しか来れないようになっているはずだが!」

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:06:24.01 :IKFYr0Vd0

ランス「途中のうるさいやつらなら全員ぶっ殺したわ!!!」

黒井「!?」

ランス「てめぇ、俺様の女に手出しやがって!!!」

黒井「!?・・・手を出すとはいったい何n」

ランス「黙れ!!」ズバッ

黒井「ギャー!!!」

バタリ

ランス「ふん、正義は勝つ!!」

ランス「がはは!!」

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:09:42.81 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・・・・

<如月千早、奇跡の復活!>

<歌姫再臨!!>

ランス「がはは、どうだおっさん」

社長「いやはや・・・本当に、君には神様でもついているようだね」

ランス「ふん、そんなものいるか!俺様が神だ!!」

社長「ははは・・・」

ガチャ

千早「おはようございm・・・あっ」

ランス「お、千早!!」

千早「おはようございます、ランスさん」

ランス「うむ、今日も超可愛いな」

千早「ふふ、ありがとうございます」

153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:12:51.56 :IKFYr0Vd0

ランス「・・・よし」

ランス「セッ○スするか」

社長「!!?」

小鳥「!!?」

千早「・・・ランスさん、2人でお話しませんか?」

ランス「いいぞ!千早とならいくらでも!!」

千早「ふふ・・・ではいきましょうか」

ランス「がははー!」

社長「・・・・冗談・・・だよな」

小鳥「ハァ・・・ハァ・・・///」ピヨピヨ

社長「音無君・・・・?」

154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:15:45.17 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・・・・・

H部屋

千早「・・・ランスさんには、感謝しています」

ランス「おう、いくらでもしろ」

千早「もちろん、いきなり抱かれたことや、事務所を人質に脅したりしたこと、許すつもりはありません」

ランス「そんなことしたかなー?」

千早「まったく・・・でも」

千早「あなたのおかげで、また歌うことに前向きになれた」

千早「あなたに会う前の私は、どこか義務感で歌を歌っていた」

千早「そして、ついに呪いの力に頼ってまで・・・」

ランス「・・・」

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:18:01.83 :IKFYr0Vd0

千早「・・・きっと、今までのことは全部、私への罰だったんです」

ランス「またそれか」

千早「はい・・・過去を・・・弟を踏み台にして、無理やり前へ進もうとした自分への・・・罰」

千早「それを乗り越えられたのはランスさん、あなたのおかげです」

千早「本当に・・・ありがとう」

ランス「(・・・かわいい。本当にかわいい)」

ランス「(今までも十分すぎるほどだったが、今の千早はものすごくそそるものがある)」

ランス「(よし、抱くか)」

ランス「ではさっそくご褒美セッ○スをしてやろう」

千早「・・・それは、また今度」

158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:20:40.63 :IKFYr0Vd0

ランス「嫌だ。今したい」

千早「ランスさんには感謝しています。今では、あなたに抱かれるのも、前ほど嫌ではありません」

ランス「ではなんの問題がある」

千早「・・・私は、これ以上魔法の力に頼るわけにはいかないです」

千早「自分の力だけで・・・歌いたい」

千早「JAPAN全土に、私の歌を響かせたい」

千早「みんなを笑顔に・・・そんなアイドルに、私はなりたいんです」

ランス「・・・そうか」

ランス「でも、それと俺様が君を抱くかどうかは別問題だぞ?」

千早「では、今までのこと、全部社長やマスコミに言っちゃいます」

千早「そうしたら、もうアイドルと遊べなくなっちゃいますよ?」

ランス「そんなことしたら、765プロがどうなるか・・・」

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:23:41.98 :IKFYr0Vd0

千早「・・・ランスさんは、そんなことしませんよね」

ランス「・・・」

千早「本当は、とっても優しい人だもの、ランスさんは」

ランス「・・・千早、可愛すぎるぞ」

ランス「抱かせろ」

千早「・・・ランスさんの呪いが解けたら、もう1度抱かれてあげてもいいですよ」

ランス「・・・ふん、アイドル風情が」

千早「もう、そんなこと言って」

ランス「だいたい、JAPAN全土など、規模が小さすぎるぞ」

ランス「JAPANなんてな、世界の中の、こーーーーーーんくらいしか、ないんだぞ」チョビッ

ランス「俺様みたいな、世界規模の英雄には、遠く及ばんな、がはは」

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:27:57.35 :IKFYr0Vd0

千早「・・・ふふっ、そうですね」

ランス「そうだぞ」

千早「それでは・・・私が世界一の歌手に・・・いいえ」

千早「トップアイドルになれるまで、プロデュースお願いしますね、ランスさん」

ランス「うむ、任せろ。俺様に出来ないことはない」

ランス「さてとりあえずセックs」

千早「それはダメ!」パシーン

ランス「いてーっ!」

164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:30:11.01 :IKFYr0Vd0

・・・・・・・・・・・・・・

JAPANドーム

ウオオオオオオオオオ!!!
ミキチャーン!!
ヒビキーン!!
マコトチャーン!!

美希「ふぅ・・・疲れたのー・・・」

響「そうだな・・・でも、すっごく盛り上がったぞ!」

真「そうだね・・・あっ」

千早「お疲れ様、みんな」

美希「千早さん!」

千早「次は、私の番ね」

美希「今日のお客さんの中で、千早さんのファンはすっごく多いと思うの!」

美希「ミキの次くらい?」

167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:37:29.26 :IKFYr0Vd0

響「いや、きっと一番多いぞ」

真「そうかもねー」

千早「ふふ・・・ありがとう」

美希「むー!そんなことないの!」

千早「そうね、美希のファンもすっごく多いと思うわ」

美希「一番多いの!!」

千早「(・・・今765プロは、JAPANの一番大きいドームでライブをしています)」

千早「(765プロがここまで大きくなれたのは、私たちのがんばりと・・・)」

千早「(・・・ランスさんのおかげ)」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:49:24.20 :IKFYr0Vd0

美希「あーあ、ハニーにもいて欲しかったなー」

真「そうだね」

響「ランス、急にいなくなるんだもん!まったく・・・」

千早「(ランスさんは、あの少しあと、「ヘルマンに用事がある!!」とか言ってどこかに行ってしまいました)」

千早「(「あとはがんばれ、千早なら出来る!」とか言って、まったく・・・)」

千早「(呪いも解けたみたいで、最後に1回・・・いや、10回?)」

千早「(まぁ、とにかく、ランスさんはどこかに行ってしまったわ)」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:50:10.19 :IKFYr0Vd0

チハヤチャーン!!
ハヤクデテキテクレー!!

千早「・・・じゃあ、行ってくるわね」

美希「がんばって!!千早さんの歌、すっごく楽しみなの!」

千早「(私は今も、こうしてアイドルを続けている)」

千早「(いつか、この空の下のどこかにいる、あの人に聞こえるまで)」

ウオオオオオオオオオオオオ
チハヤチャーン!!

千早「(私は、歌い続ける)」

おわり

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月) 23:57:42.85 :IKFYr0Vd0

最後まで読んでくれた人はありがとう

一応あと2人も書きためあったけど、あんま需要ないっぽいね・・・
前に聖杯戦争書いたときはいけると思ったけど、調子の乗った結果がこれだよorz


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:13:11.78 :0gwXn1P00

ランス「(それに、美希ちゃんのレベルが35だ・・・ぐふふ)」

ランス「まぁお前らも少しはがんばったな」

ランス「特に美希ちゃん!!」

美希「!」

ランス「君は本当に頑張ったな!」

美希「えへへ、ありがとー!!」

ランス「ご褒美に、俺様のお城に招待してやる!!」

美希「ホント!?」

ランス「ああ。美希ちゃん来城記念パーティを執り行うぞ!」

美希「やったー!!嬉しいの!!」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:15:25.88 :0gwXn1P00

春香「いいなー、パーティ」

千早「そうね・・・」

ランス「君たちも、もう少しがんばったら俺様の城に招待してやるぞ!!」

春香「ほんとですか!?わーい!」

美希「ねぇねぇランス!はやくいこ!」

ランス「待て待て、そう急ぐな」

美希「はーやーくー!」

ランス「やれやれ、仕方ない」

ランス「・・・むふふ」ニヤリ

千早「!」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:18:00.58 :0gwXn1P00

春香「千早ちゃん、どうしたの?」

千早「え・・・いえ、なんでもないわ」

千早「(今何か、一瞬・・・)」

千早「・・・」

美希「~♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:20:04.56 :0gwXn1P00

美希「ランスすごいの!!こんなおっきいお城を持ってるなんて!!」

ランス「そうだろう?俺様は世界中の女の子から尊敬を受ける英雄だからな」

ランス「これくらいは当然だ」

美希「お客さんもいっぱいきてるね!」

ランス「うむ、全て俺様の城に住んでいるやつらだ」

美希「えー!?この人たち全員!?」

ランス「そうだ!すごいだろう!?」

美希「すごいの!!」

キャッキャッ

リア「・・・ちょっと、あんた」

美希「?」

リア「私のダーリンにあんまりベタベタしないでくれる?」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:22:05.05 :0gwXn1P00

美希「ランス、この人だれ?」

リア「!?」

リア「ちょっと!!私を知らないわけ!!?」

美希「しらなーい」

リア「・・・」ピキピキ

ランス「こいつはリアだ。リーザスの王女だぞ」

美希「えー!すごいの!!この人もランスのお城に住んでるの?」

ランス「そうだ。こいつもまぁまぁ偉いが、俺様には遠く及ばないな」

リア「ダーリン!なにこの女!」

ランス「リアよ、美希を知らないのか?JAPANで人気急上昇中のアイドルだぞ?」

リア「知らないわよ!!そんなことよりこいつが私を知らないほうが驚きよ!!」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:24:07.80 :0gwXn1P00

美希「えー、美希のこと知らないなんて、流行に乗り遅れてるね。もしかしておばさん?」

リア「!!!」ブチッ

リア「この女ー!!」

美希「キャー、ランスー、助けてなのー」

リア「なによ!!ぶりっ子しちゃって!!」

美希「アイドルだもーん」

リア「このーー!!!」

ランス「がはは、落ち着けリア」

リア「でもダーリン!!」

ランス「おいビスケッタさん、美希ちゃんを例の部屋に連れて行け」

ビスケッタ「かしこまりました・・・星井様、こちらへ」

美希「はーい」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:26:08.65 :0gwXn1P00

美希「・・・」クルッ

リア「何よ!」

美希「べーっ!」

リア「!!!!!!」

ランス「がはは、リアよ、美希はすごいだろ」

リア「そうね・・・あんな子初めてよ・・・ふふふ・・・ふふふふふふふふ」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

マリス「・・・」

ランス「さて、俺様もそろそろ行くか」

リア「ねぇダーリン、あんな子ほっといてリアとあそぼ?」

ランス「あとでな、がはは」

リア「もーっ!」

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:28:31.47 :0gwXn1P00

・・・・・・・・・・・・

美希「わーっ、素敵なお部屋!!」

ビスケッタ「ここでしばらくお待ちください」

美希「はーいなの!」

バタン

美希「ふぅ・・・」

ボスン

美希「すごいの・・・こんなにキラキラした場所があるなんて・・・」

美希「JAPANにはこんなところ絶対ないの!」

美希「ランスって、ほんとにすごい・・・」

美希「・・・ふふっ」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:30:15.00 :0gwXn1P00

ガチャ

美希「あ、ランス!」

ランス「おう、美希ちゃん!待たせたな!」

美希「ううん、全然なの!」

美希「このお部屋、とっても素敵なの!」

ランス「そうだろう?最高にかっこいい俺様にぴったりだ」

美希「アハッ」

ランス「がはは」

美希「・・・で、ここで何するの?」

ランス「それはな・・・セッ○スだ!!」

美希「・・・え?」

ランス「だから、セッ○スだ!知らんとは言わせんぞ!!」

美希「・・・セッ○ス?」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:32:13.25 :0gwXn1P00

美希「セッ○スってあれだよね、恋人同士がする」

ランス「そうだな」

美希「美希と、ランスが?」

ランス「俺と、美希ちゃんで、今から、セッ○ス!」

美希「・・・」

美希「・・・そういうのは、もっとムードを大切にしたほうがいいと思うな、ミキ」

ランス「なんだと!?」

美希「だーかーらー、そういうのは、しっかり告白とかして、恋人になって、しっかりデートとかして」

ランス「そんなめんどいことしてられるか!!」スポポーン

美希「!?」

美希「(お、おっきい・・・)」

ランス「俺様のハイパー兵器を見ろ!こんなにでかくなっているぞ!!」

ランス「美希ちゃんがかわいいからだ!!」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:34:03.83 :0gwXn1P00

美希「!」

ランス「というわけで、いただきまーす!!」ピョーン

美希「きゃっ!」

バターン

美希「・・・」

ランス「・・・なんだ、随分素直だな美希ちゃんは」

美希「うん、だってミキ、ランスのこと好きだもん」

ランス「そうか、俺様は最高にかっこいい上に英雄だからな。仕方ないことだ」

美希「・・・ランス」

ランス「なんだ?」

美希「ムードのことは許してあげるから、優しくしてほしいな」

美希「ミキ、これでも初めてなの」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:36:07.50 :0gwXn1P00

ランス「うむ、任せろ。俺様は処女の相手が最も得意なんだぞ」

美希「アハッ。じゃあ・・・お願い///」キラキラ

ランス「むっ・・・むむむ・・・」

ランス「うおおおおおおおおおおお!!!」ジャキーン!!!

美希「!?」

美希「(さらにおっきく!?)」

ランス「可愛すぎるぞ、美希ちゃん!!」

ランス「とりゃー!」

美希「あぁっ!」ビクン

ランス「うおー、お○ぱいでけー!!」

美希「ランス、優しくなの!!」

ランス「うむ、優しくな、優しく優しく」モミモミ

美希「あっ・・・あぁっ!!」

ランス「気持ちいいか?美希ちゃん」

美希「うん・・・」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:38:07.84 :0gwXn1P00

ランス「うおおおおおおお!!かわいいいいいい!!!」ビキビキ

美希「あっ!んんっ!!」ビクッ

ランス「うおー!!」

・・・・

屋根裏

かなみ「・・・なにあれ」

かなみ「ランスのやつ、あんなに優しくできるのね」

かなみ「・・・私の感覚がマヒしてるだけかな」

かなみ「でも、あれくらいなら、私・・・」

クチュクチュ

かなみ「んっ・・・あっ・・・あぁぁっ!!」ビクンビクン

・・・・

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:40:03.56 :0gwXn1P00

ランス「はへー・・・えがっだー・・・」

美希「はぁ・・・はぁ・・・」

美希「ランス・・・すごい・・・気持ち良かったの・・・」

ランス「そうだろう?俺様はセッ○スの天才だからな」

美希「そうなの?」

ランス「そうだ、俺様よりセッ○スが上手い奴はこの世にいない!」

美希「ふふっ、じゃあランスが美希の恋人になってくれてよかったの」

ランス「がはは」

美希「あはっ☆」

・・・・・・・・・・・・

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:42:04.66 :0gwXn1P00

春香「美希!!」

千早「シャイニングアイドル受賞!!」

「おめでとー!!!」

パーン
パチパチパチ

美希「あはっ☆みんなありがとーなの!!」

社長「いやぁ、星井君の成長には本当に驚かされるよ」

律子「えぇ、竜宮小町の売上をあっという間に抜き去って行きましたからね」

伊織「ふん!まだまだ負けたわけじゃないんだから!」

美希「えー?でもでも、ミキには絶対に勝てない、って思うな」

伊織「なんでよ!」

美希「だってー、ミキにはハニーがついてるの!」

伊織「ハニー・・・って、あいつのこと?」

春香「確かに、ランスさんがきてから美希、ものすごく上手くなったもんね、歌もダンスも」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:44:07.68 :0gwXn1P00

美希「ハニーがミキに魔法をかけてくれてるからなの!」

春香「魔法?」

真美「なにそれ→?」

亜美「教えてYO!」

美希「ヒ・ミ・ツ!なの!」

亜美「えー!」

真美「ぶーぶー!!」

美希「あはっ☆」

美希「ミキはハニーと一緒なら、どこまででもキラキラできるの」

美希「だから、これからもアイドルがんばっていきたいな」

社長「うむ、これからもよろしくな、星井君」

美希「はーい、なの!」

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:46:07.51 :0gwXn1P00

CITY

美希「~♪」

美希「(今日は、ハニーに内緒で大陸にきちゃったの!)」

美希「(ミキが会いに来たら、ハニー驚くだろうなー)」

美希「~♪」

「おい、あの可愛い子誰だ?」

「すごいな・・・JAPANからきたみたいだが・・・」

「スタイル抜群じゃん!ヤりてー!」

「いやでも、すでにランスさんがヤってるんじゃね?」

美希「(その通りなの!ミキ、ハニー以外の人とは絶対にそういうのできない、って思うな)」

美希「(ハニーが一番そういうの上手いって、ハニーが言ってたの!)」

美希「さーて、お城にいこー!」

「やっぱり・・・」

「そりゃそうだ・・・」

「手出したらランスさんに殺されるな・・・」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:48:04.48 :0gwXn1P00

・・・・・・・・・・・・・・

ランス城

美希「ハニーのお部屋の前まで来たの!」

ビスケッタ「星井様、今ご主人様はお忙しくございます」

ビスケッタ「御用向きならあとでお願いします」

美希「もう、うるさいの!!」

美希「ミキはハニーの恋人なんだから、いつきてもいいって思うな」

美希「ハニーも、ミキならいつでも大歓迎って言ってたよ?」

ビスケッタ「それならよろしいですが・・・」

美希「よーし、それじゃあ・・・」

ガチャ

美希「ハーニー!・・・・・・・って」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:50:10.64 :0gwXn1P00

かなみ「あっ・・・ランス!もっと優しくして!」

ランス「がはは、やーだよー!とーっ!!」パンパン

かなみ「あぁぁっ!!いやーっ!!」

美希「・・・・・・なにこれ」

かなみ「えっ・・・誰・・・?」

ランス「おう、美希ちゃんじゃないか」

ランス「もしかして、レベルが上がったのか?」

美希「・・・うん・・・ねぇハニー、その人は?」

ランス「俺様の女の1人、見当かなみだ!!」パンパン

かなみ「誰が・・・あんたの・・・あぁっ・・・女・・・んっ!!」ビクッ

ランス「がはは、かなみはエロエロだなー」

ランス「どーせ俺様と美希ちゃんがエッチしてたときもオ○ニーしてたんだろ?」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:52:04.28 :0gwXn1P00

かなみ「してない・・・・わよっ・・・ああぁあぁっ!!!」ビクンビクン!

ランス「がはは、またイきやがった!」

ランス「だがまだ終わらんぞ!とーっ!!」

かなみ「もういやー!!」

ランス「おい美希ちゃん、美希ちゃんも混ざるか?」

ランス「3Pだぞ、3P!」

美希「・・・うそ・・・」

美希「こんなの・・・ハニー・・・美希だけじゃないの・・・?」

美希「ミキはハニーの恋人じゃないの・・・?」

ランス「ん?誰が恋人だって?」

ランス「お前は俺様の女で、こいつも俺様の女だ」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:54:10.41 :0gwXn1P00

ランス「いいからお前もこっち来い」

美希「・・・いや・・・いや・・・」

美希「いやあああああああああ!!」ダッ

バタン

ランス「?どうしたんだあいつ、急にどっか行ってしまった」

かなみ「はぁ・・・はぁ・・・あんた・・・ほんとサイテー・・・」

ランス「ん?どういうことだ?」

かなみ「だから・・・はぁ・・・はぁ・・・」

ランス「まぁいいか。とりゃー!」パンパン

かなみ「なんでそうなるのよー!」

・・・・・・・・・・・・・・

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:56:11.13 :0gwXn1P00

美希「・・・・・・・ハニーには、ミキの他にも恋人がいたんだ・・・」

美希「・・・ううん、ミキは恋人ですらなかったんだ・・・」

美希「ハニーにとって・・・たくさんいる女の人の中のひとり・・・」

美希「そうだよね・・・あんなにかっこよくて、強くて、偉くて・・・」

美希「ミキの他にも・・・・・・」

美希「・・・・うっ・・・ううううっ・・・」グスッ

美希「うわぁぁぁぁぁん」ポタポタ・・・

美希「ミキ・・・どうすればいいの・・・?」グスッ

美希「アイドルとしていくらキラキラしても、ハニーは・・・ハニー・・・」

美希「うぅ・・・」

「そこのあなた」

美希「?」

アム・イスエル「ふふっ・・・」

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 00:58:07.64 :0gwXn1P00

765プロ

ランス「さーて、今日も美希ちゃんとレッスンするぞー」

ランス「そして、がんばった美希ちゃんにご褒美セッ○スだ!」

ランス「ぐふふ、そしてそのまま他の子も・・・」ニヤニヤ

ガチャ

ランス「ランス様、とーじょー!」シャキーン

「・・・・・・・」

ランス「・・・・あれ?」

ランス「おいお前ら、俺様が来てやったんだぞ?もっとなんかこう・・・」

社長「ランス君・・・!」

ガシッ

ランス「ぎゃっ!おっさんが俺様に触るんじゃねー!!」ゲシッ

社長「ギャー!」ズサーッ

小鳥「ランスさん!」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:00:05.74 :0gwXn1P00

ランス「なんだい、小鳥ちゃん」

小鳥「美希ちゃんがどこにいるか知りませんか!?」

ランス「美希?どこにいるかと聞かれてもな、俺様も美希ちゃんに会いにきたわけだし」

社長「・・・星井君が、数日前から行方不明なのだ」

ランス「なんだと!?」

社長「数日前、大陸に行ってくると飛び出してしまい・・・その日は仕事もあったのだが・・・」

社長「その日以来、星井君はJAPANに帰ってきていない・・・」

社長「我々も捜索しているんだが・・・大陸にいるのでは探しようが・・・」

ランス「なぜもっと早く言わんのだ!!」ボカッ

社長「がっ!」

ランス「この!この!!」ゲシゲシ

小鳥「ランスさん!!」

ランス「美希ちゃんは、大陸にいるんだな!?」

小鳥「えぇ、そのはずです・・・」

ランス「よし、それなら俺様が・・・」ダッ

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:02:07.98 :0gwXn1P00

ガチャ

ランス「ん?」

春香「あっ・・・ランスさん」

ランス「なんだ春香ちゃん。俺様は忙しいんだ、どいてくれ」

春香「あの・・・美希を、よろしくお願いします!!」ペコリ

ランス「・・・」

春香「美希は、可愛いし、スタイルも良くて、アイドルとしての才能もあって・・・」

春香「ほんとにすごい子なんです!!」

春香「けど、実は結構繊細なところもあって・・・」

春香「あの・・・上手く言えないんですけど・・・」

春香「・・・きっと、美希はランスさんのこと大好きだと思うんです!」

ランス「当たり前だ」

春香「きっとどこかで、ランスさんが来るのを待ってます!!」

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:04:10.78 :0gwXn1P00

ランス「そうだな」

春香「お願い、ランスさん!」

春香「美希を・・・」

ランス「うむ、任せろ。俺様に出来ないことはないぞ」

ランス「とーっ!!」

ダダダダッ

春香「ランスさん・・・」ギュッ

・・・・・・・・・・・・・・

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:06:08.02 :0gwXn1P00

ランス「おいリア!美希は見つかったか!?」

リア「ううん、全然」

ランス「おい、真面目にやってるのか!?」

リア「やってるよー。ほんとはすっごい嫌だけど、ダーリンの頼みだもん」

リア「でも、全然見つからないの。っていうか、そんなにすぐじゃさすがに無理よ」

ランス「くそー!」

リア「でもまぁ、見つけたらすぐに教えてあげる」

ランス「おう、頼んだぞ!!」

バタン

リア「・・・ちょっとだけおしおきしてからね」ニヤリ

マリス「・・・」

・・・・・・・・・・・・・・

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:08:20.88 :0gwXn1P00

ランス「くそー!リアやマジック、香ちゃんに頼んで探させているのに、一向に見つからん!!」

ランス「どうすればいいんだー・・・うがー!」

ランス「おい、このハゲ!!」

キース「なんだよ・・・」

ランス「お前、なんかしらねーのかよ!!」

キース「知るわけねえだろ・・・だいたい誰だよ、ホシイミキってのは」

ランス「そんなことも知らんのか!!おっさんはこれだから!!」

キース「お前もそのうちおっさんだよ」

ランス「俺様はおっさんにはならん!!」

キース「どーだか・・・ところでよ」

ランス「なんだ?」

キース「なんだか、ある森林で、ダンジョンに入っていく男たちの集団が目撃されたらしい」

キース「その先頭に、えっらい美人のJAPAN人が立っていたそうなんだ」

キース「不気味ってんで、調査してほしいって依頼が来てるんだが、ランスどうだ?」

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:10:10.65 :0gwXn1P00

キース「一応強そうな女に関係ありs」

ランス「それだ!!!!」

キース「!!」

ランス「それが美希ちゃんだ!!なぜもっと早く言わんのだこのハゲ!!」

キース「おいおい・・・そう言われてm」

ランス「その森林ってのはどこだ!?」

キース「はいよ・・・」ピラッ

ランス「ふむふむ」

クルックー「なるほど、ここからすぐ近くですね」

ランス「うおっ!?いきなり出てくるな!!」

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:12:22.01 :0gwXn1P00

クルックー「申し訳ありません。ですがランス、急いだほうがいいかもしれません」

ランス「当然だ」

クルックー「はい・・・私もついて行きます」

ランス「よし、いくぞ!!」

ダダダッ

キース「はぁ・・・まったく」

・・・・・・・・・・・・・・・

とある森の奥のダンジョン

ランス「うおー!!美希ちゃーん!どこだー!!」

クルックー「急ぎましょう、ランス。手遅れになるかもしれません」

ランス「うおおおおおおおおおおおお!!!」

・・・・・・・・・・・

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:14:12.42 :0gwXn1P00

ダンジョンの奥

美希「CITYのみんなー!今日は来てくれてありがとうなのー!」

ウオオオオオオオオ
ミキチャーン
カワイイイイイイ!!

美希「あはっ☆ミキもみんなに会えてうれしいなー!」

美希「みんなー、ミキのこと好きー?」

ダイスキー!!
アイシテルー!!

美希「ミキはね、JAPANでアイドルやってるの!!」

美希「アイドルっていうのは、みんなを幸せにしてあげるのが仕事なの!!」

美希「それでね・・・」パチン

ガラガラガラ

美希「今日は、みんなにプレゼントを持ってきたの!!」

ウオオオオオオオオオオオ!!

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:16:05.79 :0gwXn1P00

美希「魂の枷っていってー、とってもオシャレな腕輪なの!!」

美希「これをつけてるとね、どんな嫌なことも忘れられるの」

美希「すっごく気持ちいい気分になってー、なんだかぜーんぶどーでもよくなっちゃうってカンジ」

美希「これ、すっごく貴重なんだけど・・・アム様がミキのためにっていっぱいくれたの!」

美希「でもー、ミキの腕じゃあこれぜーんぶつけるのムリだよねー」

美希「だーかーらー・・・みんなにあげちゃう!!」

ウオオオオオオオオオオ

美希「ねぇ・・・ミキと一緒に・・・気持ち良くなろう・・・?」トローン

ミキチャアアアアアアアン!
サイコー!
カワイイー!!

美希「ふふ・・・ふふふふ・・・・ふふふふふふふ」

美希「よーし、みんな持ったー?」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:18:05.74 :0gwXn1P00

モッター!

美希「じゃあ、いっせーのーせでつけよーね!」

ヨッシャアアアアア!!

美希「いっせーのー・・・」

「ちょっと待ったー!!!!!」

美希「?」

クルックー「みなさん!それをつけてはいけません!!」

ザワザワ・・・
ホウオウサマ・・・?
ナンデコンナトコロニ・・・?

クルックー「法王命令です!いますぐそれを捨てなさい!!」

ガランガラン

美希「むーっ・・・なんでミキのジャマするの!?」

美希「すっごいメイワクってカンジ!」

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:20:05.74 :0gwXn1P00

ランス「美希ちゃん!」

美希「なに!?・・・って・・・え・・・?」

ランス「こんなとこでなにしてるんだ!?みんな心配しているぞ!」

ランス「城にいくぞ!」

美希「え・・・ハ・・・ハニー・・・」

美希「・・・いやあああああああああああああああああ!!」バッ

ランス「うおっ!?」

美希「いやっ!!いやあああああっ!!」

ランス「おい、暴れるな・・・・!!」

クルックー「ランス!!魂の枷を!!」

ランス「おう!!美希ちゃん、それを渡せ・・・!」

美希「いや!!絶対にいや!!!離して!!!!」

ランス「この・・・とりゃー!!」スポン!

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:22:05.78 :0gwXn1P00

美希「いやー!!!っ・・・!!」

美希「い・・・や・・・」

美希「ハニー・・・」バタリ

ランス「ふぅ・・・まったく」

ピーガガガガガガガー

クルックー「汚染度67%・・・危ない所でした」

ランス「そうだな。俺様の女が汚染人間になるなど、あってはならないことだ」

クルックー「はい・・・」

ザワザワ

クルックー「ここにある魂の枷は全て教団が保護、処分します」

クルックー「ランス、お疲れさまでした」

ランス「うむ、俺様は美希ちゃんと先に帰っているぞ」

クルックー「はい、ではまた」

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:24:10.40 :0gwXn1P00

ランス城

美希「・・・んっ・・・」

美希「うぅ・・・ここは・・・?」

ランス「おお、やっと目覚めたか」

美希「!」

美希「ハニー・・・」

ランス「おう、ユアハニーランス様だ」

ランス「まったく、手間掛けさせやがって」

美希「ミキ・・・どうしちゃってたの・・・?」

美希「アム様に腕輪を貰って、それをつけたらすっごい気持ち良くなって・・・」

美希「それで、アム様にこの腕輪をもっとバラ撒いてっていわれて・・・」

クルックー「あなたは、導く者の広告塔にされようとしていたのです」

クルックー「アムに利用されていたのですよ」

美希「でも、あの腕輪つけたら嫌なこと全部忘れられたの・・・」

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:26:12.30 :0gwXn1P00

美希「ハニーのこと・・・」

クルックー「あの腕輪、魂の枷にはそのような効能があります」

クルックー「ですが、あれは麻薬のように魂をむしばんでいきます」

クルックー「そして、魂の汚染度が100パーセントになると・・・完全汚染人間となって、一生正気に戻ることはありません」

クルックー「一生どころか、死んでからも・・・」

美希「・・・」

美希「そんな・・・そんな怖いものだったなんて、ミキ知らなかったの」

クルックー「あなたの汚染度は68%、高すぎる数値ではありますが、まだ大丈夫です」

クルックー「危ない所でしたね」

美希「うん・・・ありがとうございましたなの」

クルックー「いえ」

ランス「美希ちゃん、俺様が嫌とはどういうことだ」

ランス「俺様に惚れていたんだろう?」

美希「・・・だって、ハニーが他の女の人とエッチしてて・・・」

美希「ハニーはミキだけの恋人なのに・・・それなのに・・・」

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:28:16.55 :0gwXn1P00

ランス「なにをいう。俺様の女は世界に100人以上はいるぞ」

美希「!?」

ランス「いや、100人では足りんな。この世の美女は全て俺様の女になる運命だ」

ランス「俺様は英雄だからな」

美希「そんな・・・そんなのイヤなの!」

美希「ハニーは、ミキだけを見ててくれなきゃイヤ!!」

ランス「そりゃ無理だな。俺様は世界中の女の子のアイドルだからな」

美希「ミキだってアイドルだよ!」

ランス「お前と俺様では格が違うのだ」

ランス「JAPANなんて超小国のアイドルと、世界を股にかける英雄である俺様」

ランス「比べるほうが無理というものだ、がはは」

美希「むーっ・・・」

ランス「とにかく、もうあんな腕輪をつけてはいかんぞ、美希ちゃん」

美希「・・・ふん」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:30:32.53 :0gwXn1P00

ランス城 パーティ会場

美希「・・・はぁ」

美希「(・・・結局、ミキはハニーの特別にはなれなかったんだね・・・)」

美希「(・・・ううん、ミキは誰の特別にもなれない・・・)」

美希「(JAPANで人気者になったって、世界から見たら、すっごく少ない人のなかの、さらに少ない人が、美希のファンってだけだもん)」

美希「(それに比べてハニーは・・・)」

美希「・・・はぁ・・・」

ガチャ

リア「あ、星井さんじゃない」

美希「あ・・・リア王女・・・」

リア「ふん、ようやく覚えたの?」

美希「うん・・・今まで失礼なこといってごめんなさいなの・・・」

リア「へぇー・・・少しはわかってきたじゃない」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:32:16.69 :0gwXn1P00

リア「わかったなら、ダーリンにベタベタするのはやめなさい」

リア「ダーリンは、リアだけのダーリンなんだから」

美希「・・・」

マジック「何言ってるのよ!」

リア「あら、ゼスのデコハゲちゃんじゃない」

マジック「なんですって!?」

リア「ふふ、ゼスの王女は短気なのね。ストレスでハゲちゃったんじゃない?」

マジック「これはハゲじゃない!!」

リア「やーい、ハゲー」

マジック「キー!!」

美希「・・・あなたは、ゼスの王女様なの?」

マジック「え・・・そうだけど・・・あなたは?」

美希「ミキは・・・JAPANでアイドルやってる星井美希っていうの」

マジック「ふーん、知らないわね」

美希「・・・そうだよね」

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:34:04.98 :0gwXn1P00

美希「(そうだ・・・美希なんて、この人たちに比べたら、ほんの小さな人間でしかないんだ)」

美希「・・・マジック王女も、ハn・・・ランスのことが好きなの?」

マジック「えっ!?」

マジック「す、す、しゅ、好きっていうか・・・その・・・」

マジック「うぅ・・・」

美希「・・・ふふ、かわいいの」

マジック「なっ!?」

美希「ランスのこと、大好きなんだ」

マジック「・・・うん。ランスは私の旦那様になって、ゼスを治める男なのよ」

リア「何言ってるんだか、ゼス風情が」

マジック「なんですって・・・!」ピキピキ

美希「・・・ねぇ、王女様」

リア・マジック「なによ」

美希「王女様は、ランスにいっぱい恋人がいるの知ってるの?」

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:36:16.82 :0gwXn1P00

リア「そんなもん、知ってるに決まってるじゃない」

マジック「やめてって言ってるんだけど、全然聞かなくて・・・」

美希「嫌じゃないの?」

リア「何が?」

美希「ランスがいろんな人と、エッチするの」

美希「ミキもランスと、たくさんエッチしたの」

リア「別に」

美希「え?」

リア「だってー、ランスは世界を股にかける英雄だもの」

リア「そりゃ、たくさんの女の子に惚れられちゃうのも仕方ないわね」

美希「え、でも、嫌じゃないの?リア王女以外の女の人とエッチしてるんだよ?」

リア「だって、そのなかでもダーリンはリアのこと一番愛してるもん」

美希「!」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:38:10.19 :0gwXn1P00

リア「世界中の美女の中から、私だけを選んでくれるのよ、ランスは」

リア「いいえ、そういう女じゃないと、あの人にはふさわしくないわ」

リア「そのうち、ダーリンは私と結婚して、リーザスの王になるの」

マジック「そんなわけないじゃない」

リア「なんですって!?」

マジック「星井さん、私は嫌よ」

美希「・・・ミキでいいの」

マジック「そう、じゃあミキ」

マジック「私は、あの人がたくさんの人とエッチするのはイヤ」

マジック「私だけを見ていてほしいわ」

美希「そうだよね!女の子なら当たり前なの!」

マジック「ふふっ、ミキはかわいいわね」

美希「マジック王女もかわいいの!」

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:40:08.37 :0gwXn1P00

マジック「ありがとう」

リア「ハゲだけどね」

マジック「ハゲじゃない!!」

美希「・・・でも、ランスはたくさんの人とエッチしてるよ?」

美希「嫌いにならないの?」

マジック「・・・なれないのよ」

美希「え?」

マジック「嫌いになれないの、どうしてもね」

美希「・・・」

マジック「ランスはどうしようもない変態だし、すぐいやなことするし・・・」

美希「じゃあ」

マジック「でも、嫌いになれないの」

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:42:09.16 :0gwXn1P00

マジック「むしろ、どんどん好きになっていくの・・・なんでかしら」

リア「そりゃー、ダーリンだもの」

マジック「まぁ・・・そうかもね」

リア「まっ、最終的にはリアが選ばれるけどねー」

マジック「なんですって!?」

美希「・・・王女様、2人とも、すっごくキラキラしてるね」

リア「ふん、あたりまえじゃない」

マジック「内側真っ黒だけどね」

リア「あんたのキラキラは反射してるだけでしょ」

マジック「この・・・!!」

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:44:08.58 :0gwXn1P00

美希「ふふっ、ミキの友達にも、マジック王女みたいな子がいるの」

美希「すっごくかわいいんだよ」

マジック「へぇ・・・そうなんだ」

マジック「でも、ミキもすっごくかわいいわよ」

美希「ほんと・・・?」

マジック「うん」

リア「ま、リアほどじゃないけどね」

美希「あははっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:46:17.39 :0gwXn1P00

765プロ

ガチャ

ランス「がははー!ランス様とーじょー!!」

美希「あ、ハニー!!」

ランス「おお、美希ちゃん・・・ってうおっ!?」

ランス「どうしたんだ、その髪・・・」

美希「うん、イメチェンしたの」

美希「似合う?」

ランス「おう、超絶かわいいぞ」

ランス「さぁ、今日もレッスンするか」

美希「・・・ねぇ、ハニー」

ランス「ん?なんだ?」

美希「・・・ミキ、これからもっとがんばるの」

ランス「おう、いいことだ」

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:48:14.44 :0gwXn1P00

美希「もっともっとがんばって、ハニーがミキだけを選んでくれるまでキラキラし続けるの!」

ランス「ほう」

美希「だから・・・それまでプロデュースよろしくね、ハニー」

ランス「おう、美希ちゃん」

美希「美希でいいの」

ランス「わかったぞ、美希。さっそくセッ○スしよう」

社長「!?」

美希「あはっ☆また今度ねー☆」

ランス「なんだと!?」

・・・・・・・・・・・・・・・・

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/17(火) 01:50:14.98 :0gwXn1P00

美希「(あれからハニーは、「ヘルマンに行ってくる!」とか言ってどっか行っちゃったの)」

美希「(すっごく止めたけど、なんだか大事な用事があるみたい・・・)」

美希「(美希は、今もアイドルを続けてるの・・・っていうか、これからが本番ってカンジ)」

美希「(だって、世界のどこかにいるハニーに見てもらえるくらいじゃないと、ハニーにふさわしい女になれないもんね)」

美希「(だから、ミキは今日もがんばるの)」

「星井さーん、出番でーす」

美希「はーいなのー!」

美希「(待っててね、ハニー)」

美希「みんなー!!!お待たせ―!!」

ウオオオオオオオオオオ!!
ミキミキー!!

美希「(美希が、世界のトップアイドルになるまで!!)」

おわり

サンプル画像 大

サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3
サンプル画像4
サンプル画像5
サンプル画像6
サンプル画像7
サンプル画像8
サンプル画像9
サンプル画像10

戦国ランス 戦国ランス
   
DMM DMM.R18でダウンロード
Getchu Getchu.comでダウンロード
DiGiket DiGiket.comでダウンロード
DLsite.com DLsite.comでダウンロード
Gyutto.com Gyutto.comでダウンロード
This entry was posted in お姫様, アイドル, アリスソフト, キャラクター. Bookmark the permalink.
 コイカツ! サンシャイン コンプリートパック Role player:小粥姉妹の粘膜ポトレ ぐりぐちゃLIVE! 【ぬきたし】抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 1+2パック コイカツ! トリロジーパック ヘンタイ・プリズン コイカツ!サンシャイン DL版 【まとめ買い】ぱこぱこそふと絶対外せない新作入り!5本選んで4,000円! 【期間限定】アマツツミ+アオイトリセット 【期間限定】ハピメアWパック ハニーセレクト2リビドー コンプリートパック コイカツ! サンシャイン エクステンション DL版 にょにんじま ―ヤるだけ管理人のはめパコ移住性活― もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界超エロサキュバス学園! 如月真綾の誘惑(おねえちゃんのゆうわく)【萌えゲーアワード2018 キャラクターデザイン賞 受賞】 もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロアプリ学園! ハニーセレクト2 リビドー DL版 ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 全部パック(DL版) コイカツ! DL版 水蓮と紫苑 AMBITIOUS MISSION 奥さまの回復術 純愛寝取られセット 蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2 DL EDITION 姫と婬欲のテスタメント プレイホーム コンプリートパック 青春フラジャイル 月に寄りそう乙女の作法【萌えゲーアワード2013 大賞受賞】 Re CATION 〜Melty Healing〜【萌えゲーアワード2020 エロス系作品賞PINK 受賞】 ハニーセレクト2リビドー & AI*少女 スペシャルパック 【ぬきたし】抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?【萌えゲーアワード2018 シナリオ賞・ニューブランド賞 受賞】 恥辱の制服2 真・恋姫†英雄譚 1 〜乙女艶乱☆三国志演義[蜀]〜 リアライブ 喫茶ステラと死神の蝶 天冥のコンキスタ コンプリート版 『月に寄りそう乙女の作法2』-FullVoice Edition-【萌えゲーアワード2014 純愛系作品賞受賞】 搾精病棟 〜邪悪なるお局ナースが潜む病院で調教生活〜 母性カノジョ −子宮 帰還編− 特別授業3SLG インモラルエディション 姫様調教Wパック 月に寄りそう乙女の作法2.1&2.2 E×S×PAR!!&A×L+SA!! 蒼の彼方のフォーリズム Complete Edition 新妻LOVELY×CATION【萌えゲーアワード2017 話題賞 受賞】 俺たちに翼はない Anniversary Edition 『乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-』-FullVoice Edition- D.C.4 Sweet Harmony 〜ダ・カーポ4〜 スイートハーモニー G線上の魔王【美少女ゲームアワード2008 大賞受賞】 暁の護衛 トリニティ コンプリートエディション AI*少女 DL版 ハニーセレクト2 リビドー DX DL版 ゆびさきコネクション 【ぬきたし】抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳(わたし)はどうすりゃいいですか? 2【萌えゲーアワード2019 大賞 受賞】 我が姫君に栄冠を アマツツミ【萌えゲーアワード2016 主題歌賞 受賞】 アオイトリ【萌えゲーアワード2017 主題歌賞 受賞】 SISTERS 〜夏の最後の日〜 Ultra Edition DL版 聖奴●学園2 アイキス1・2・3パック 俺たちに翼はない Prelude&AfterStory カスタムオーダーメイド3D2 GP―01&GP―02&GP―01 Fb(DL版) 未来ノスタルジア・新装版
WEB SERVICE BY DMM.R18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。